13
point

病気やケガによる借金を債務整理する方法【病気で働けない場合】

参照元を見る

2019-02-12 10:27:09 [NO:217] 31

病気やケガで働けない場合でも借金返済義務はある

病気やケガによって働けなくなってしまい、医療費などが払えなくなってしまって生活がなりたたない状況になってしまったという人は多いです。



単純にケガによって働けなくなってしまったというケースもあれば、うつ病などの精神疾患のために仕事ができなくなってしまったというケースもあります。



仕事によっては残業時間が多すぎて精神的に参ってしまったり、肉体労働をしているようなケースだと腰痛などヘルニアが発症して医師からドクターストップがかかって仕事を辞めざる得なくなるケースもあります。



このように病気やケガで仕事を辞めざるえなくなってしまって、その治療費などによって借金をしてしまったようなケースでも、しっかりと借金返済義務はあります。



病気やケガで働けないからと言って、特別措置などがあるわけではなく、しっかりと借金返済していく必要があります。



また病気やケガで働けない状況で借金をすると、返済する充てがない借金を背負い込むことになるので、精神的に追い詰められてしまうこともあります。


URL:https://www.fukuda-law.jp/byouki.html





▲ページトップへ